杉並三田会ホームページ
趣味のコーナー

                                                                              
  会員趣味のコーナー   
作品をクリックすると拡大されます
 
                 <絵画>        令和 3年12月
   
犬山城 
 水彩F2
名古屋城
 水彩F2
小牧城 
 水彩F2
     
「尾張名古屋は城で持つ」と言われるように、名古屋近辺には名城が
ありますが、5,6年前訪ねた折にスケッチしたものです。

   
     
     渡辺 清 (S37 経)
 
 <写真 >    
武蔵野の草花と富士      
     
 武蔵野を散策していると、めずらしい草花や見事な富士に出会うことがある。
今回はそんな出会いの時の写真を紹介します。
   
 キンラン(浅間山) 国分寺崖線からの富士山
ムサシノキスゲ(浅間山) 
   
キンラン:ラン科の多年草で、野生ランの一種です。
環境省のレッドデータブック
では絶滅危惧U類(UV)
にランクされています。 

国分寺崖線:古代多摩川が
南へと流れを変えていく
過程で武蔵野台地を削り
取ってできた河岸段丘の
連なり。
国分寺から田園調布まで
連なる崖で長さ30qにも及ぶ。

 
ムサシノキスゲ:標高約80m
の浅間山にのみ
自生するワスレグサ科
の植物。
東京都の絶滅危惧種に
選定されている。 
   
     
久保田 宏 ( S46 工 ) 

 
 
                 <絵画>        令和 3年11月
   
ヴェネチア 
 油彩10P
カサブランカ
 油彩15P
集中 
 油彩10F
慶応同クラスOB夫婦10組で
イタリア旅行した時の
思い出です。
うっとおしいコロナ禍
夏休み中、明るく癒して
くれました。 
モデルは孫娘です。    
   
     曽我一紀 (S38法)
 
 <写真 >    
八方尾根の高山植物の花々      
     
 シモツケソウ(下野草) ハクサンチドリ(白山千鳥)
キヌガサソウ(衣笠草) 
   
   
今年の7月に栂池高原と八方尾根高原のハイキングに出かけた。
山道の側にも多くの可憐な高山植物の花々咲いており、美味しい高原の空気と
共にとても心洗われる気持ちになり、山ボーイ、山ガールの気持ちを少し
理解出来る気がした。
   
     
武藤 隆二郎  ( S42 工) 

 
                 <絵画>        令和 3年10月
船シリーズ     
氷川丸  
 水彩F4
       日本丸         
水彩F3
U.S.Navy McCampbell 
 水彩F4 

   
     三宅 正彦  (S52 経)
 
 <写真 >    
     
     
 下田のオープン洞穴
イルカと遊ぶ
かもめ 
   
   
今回は海へ出て、カモメと戯れ、イルカと遊ぶ有り触れた景色。
海に通じた洞穴をみてコロナを忘れて、といってもコロナ騒ぎ前
ですが、ゆったりとした気分を味わいましょう。 
   
     
前田 昌信  ( S35 工 ) 

 
 
                 <絵画>        令和 3年9月
     
どんど焼き(大宮八幡)
日本画 F12
雪のノイッシュブァン
シュタイン城 
日本画 P8
牡 丹 
日本画 F4 

   
     三上 忠彦  (S37 経)
 
 <写真 >    
     
涼風を求めて御嶽山へ!    
     
 <レンゲショウマ>
 咲き誇る日本一の群生地
<イワタバコ>
 滝壺の岩場にヒッソリと咲く
<ヤマユリ>
 豪華・華麗なユリの王様
   
     
足立 英一  ( S40 商 ) 

 
                 <絵画>        令和 3年8月
     
目黒庭園美術館  
木漏れ日の中の優雅な鯉
水彩 F4
アップル
水彩 F4
国会議事堂南庭
静寂のせせらぎ

水彩 F4
     
     松野 幸子  (S42 文)
 
 <写真 >    
     
   
 抱返り渓谷(仙北市) 荒川渓谷(屋久島)  元滝川渓谷(にかほ市)
   
     
吉田 素紀  ( S48 工 ) 

 
                 <絵画>        令和 3年7月
 
   
静   物     
     
楽   器 
水彩 F6

 水彩 F6
野   菜  
水彩 F6
   
     三宅 正彦  (S52 経)
 
 <写真 >    
     
 忘れられない山の花
   
   
 トムラウシのチングルマ 水晶岳のハクサンイチゲ  栗駒山の花空木
   
                       
趣味の山登りでふと出会った山の花です。
それぞれの山も忘れられませんが、そこで咲いている花も
忘れられない思い出です。
   
     
瀬川 隆二  ( S47 法 ) 

 
   
                 <絵画>       令和 3年6月
 
   
不思議で綺麗な生物シリーズ     
     
透明な羽の蝶「グレタオト」
水彩色鉛筆 F2
アオミノウミウシ「ブルードラゴン」 アクリル絵の具 B5 色々なイソギンチャク達 
水彩絵の具  F2
   
     勝呂 光子 ( H17 共薬 )
 
 <写真 >    
     
 春は野から山へ
   
   
 満開のサツキ
(国分寺・新府中街道)
もえぎ色の山々
(日の出町・平井丘陵) 
夕映えのツツジ
(青梅・塩船観音寺 )
   
                       
春は身近なところにもやってきました。
コロナ禍に関わりなく、散歩道にも、山々のハイキング道にも、観光地にも・・・
皆で変わらぬ季節の訪れを楽しみました。

   
     
久保田 宏  ( S46 工) 
 
   
               <絵画>       令和 3年5月
 
   
 “おさな児”
日本画 F10
“オダマキ” 
日本画 F3
“野の花” 
水彩  F8
   
     豊田 紀代子 ( S40 法 )
 
 <写真 >    
     
 三沢川の春
   
   
 恥じらい 春爛漫  スワン?イヤ 白サギ!     
                       
家の近くの三沢川沿いの道で垣間見た春を捉えてみました。     
     
武藤 隆二郎  ( S42 工) 
 
   
             <絵画>       令和 3年4月
     
     
 オランダ風車
水彩 F4
丸の内:三菱1号館(美術館) 水彩 F4 石神井公園
水彩 F4
     
     和才 恭三 ( S34 法)
 
<書画>    
     
 己  書    
 「杉並の風」参照    
     
岩田 裕 ( S54 法 ) 
     

 
               <絵画>       令和 3年3月
     
     
 坂東31番札所 笠森観音     (水彩 F6号) 
   国宝 彦根城天守     (水彩 F6号) セビリア大聖堂 ヒラルダの塔 (水彩 F6号)

   
     高橋 紘一 (S43 法)
 
<写真 >    
     
 2016年3月 宮島・弥山の旅から    
     
 栄華を極めた平清盛が社殿を整えた広島県宮島にある
世界文化遺産「厳島神社」。
宿泊ホテルから定期船で
往復できるので便利。
弘法大師が100日修行した
という弥山頂上。
途中までケーブルカーだが、岩山で結構なハイキングになった。
外国人が多かった。
宿泊した「グランドプリンスホテル広島」(G7外相サミット会場)。
20 階「なだ万」の夕食を堪能しながら、沈みゆく夕陽を眺めた。
   
コロナ禍のなか、昨年暮れに闘病中だったひとり暮らしの弟をなくしました。
そんなこんなで、GO TO トラベルもGO TOイートとも無縁でひたすらステイホーム。
時々、散歩とサイクリングの日々を過ごしております。
(参照:ホームページ「会員のひろば」#045に寄稿したエッセイ「コロナ禍にあって」)
グーグルの写真管理ソフトから、5年前の3月、妻とともに訪れた広島・宮島への2泊3日の旅から3枚
を選びました。BC(ビフォアー・コロナ)時代の旅をお楽しみください。
高齢者には4月から始まるワクチン接種が効果を発揮して、
安心のAC(アフター・コロナ)時代を迎えたいものです。

   
     
井上 清彦( S41 経 ) 
     

 
              <絵画>       令和 3年2月
     
     
 旧岩崎邸
(水彩 F6) 
広徳寺
   (水彩 F4) 
石神井公園 
(水彩 F4) 

   
     本間 博 (S37 文)
 
<写真 >    
     
 ポルチーニ茸の店に交じって
蝸牛の瓶詰もグルメ用に
ポルチーニ茸の露店
 ミラノから星持ちシェフが来て、ポルチーニのリゾットの講習会     
タリア北部アメリカを指すコロンブス像が海岸に立つ町ジェノバから山の方
パルマの方に入るとボルゴターロと言う小さな町があり、ここで上質の西洋松茸?
ポルチーニの産地がある。グルメに食べられる蝸牛の瓶詰も売られている。
街の中のテントではミラノから来た星持ちシェフがポルチーニリゾットの
作り方の講習、試食会をしていた。講習会も試食につられて入ってみたが
イタリアのジョークも判らないし、長いので退席し、オーソドックスなレストラン
でしょくしてきた。

   
     
前田昌信 ( S35 工 ) 
     

 
                <絵画>       令和 3年 1月
     
昔訪れた懐かしい場所
     
サントリー二島
(油絵 F8) 
荏 原 湖
   (油絵 F8号)
オランダの街角
(油絵 P10)

   
     野沢 聡子 (S42 文)
 
<写真 >    
     
紅葉の蓼科高原
     
 雲と山並み:ビーナスライン
黄色い紅葉:横谷渓谷
赤い紅葉:蓼科湖湖畔     
   
吉田 素紀 ( S48 工 ) 
     

 
                 <絵画>       令和 2年12月
     
伊豆の旧跡で
     
江川太郎左衛門邸 
(水彩F2)
世界遺産の韮山反射炉 
(水彩F2)
太宰が斜陽を執筆した
老舗「安田屋」 
  (水彩F2)
   
     渡辺 清 (S37 経)
 
<写真 >    
     
「Withコロナ」時代の幕開けの年
     
 「今は、神奈川に来ないで」 「羽田空港着陸新ルート」  「感染拡大アラート」     
         
 車で墓参りには行きましたが!
(2020/5)
新宿のDocomoタワービル
上空経由 大勢の選手団と
観光客が羽田着陸する予定でしたが空振り! (2020/7)
お台場からの
レインボーブリッジも
東京タワーもレッドでライトアップ!
( 2020/9)
   
     
足立 英一 ( S40 商 ) 
 

 
                  <絵画>      令和 2年11月
     
奥多摩の想い出
     
釣り人 
(油彩10F)
カヌー練習 
(油彩10F)
吊り橋 
  (油彩10P)
   
     曽我一紀 (S38法)

 
<写真 >    
     
西荻の街角
     
     
新型コロナのために家の周りをトボトボ散歩する日々が半年以上続いています。
そんな中での西荻窪らしい街角のスナップを選んでみました。
     
瀬川 隆二 ( S47 法 ) 
     

 
                  <絵画>       令和 2年10月
     
「三姉妹」
     
「長女」
  (水彩画 P10)
「自然派」 
  (水彩画 P10)
「カリブの女海賊」
  (水彩画 P10
)
   
     三宅 正彦 (S52 経)
 
<写真 >    
     
武蔵野の初夏〜夏
朝の散歩         上手くなってね    夏が来た
久保田 宏 ( S46 工 ) 
     





−戻る−   ページTOPへ

suginami-mitakai.com