趣味のコーナー

                                                                              
  会員趣味のコーナー   
作品をクリックすると拡大されます
 
                 <絵画>        令和 4年10月
伊豆の漁港巡り          
           
早川漁港
  水彩P20
下田港 
 水彩F3
川奈港 
 水彩F4 
 4年前盛夏のスケッチ、ここから漁港巡りが始まりました。
12月、波を練習していた紙が強風で吹き飛ばされ波間に漂い、
危うく僕も落ちそうに!
 
夢中で描いていると、
船長(左から2人目)が
缶コーヒーや夏ミカンを差し
入れてくれました。
   
     三宅 正彦  (S52 経)

 
 <写真 >    
北アルプスの紅葉
   

     
  栂池自然園
後立山連峰の朝焼け
黒部平
   
   
吹野 元信 ( S41 経 )

 
 
                 <絵画>        令和 4年9月
ギザのスフィンクスとピラミッド P8 日本画

ジャーマンアイリス  
F8 日本画
花菖蒲 
F6 日本画
 かの有名なスフィンクス像を観たらすぐ右肩にクフ王のピラミッドがみえ、こういう位置関係にあったのかと感激しました。帰国してすぐに撮影した写真を元に描きました。
20年前の話です。

妙法寺の正門に曲がる角に
白のジャーマンアイリスが
他の花菖蒲に先駆けて咲きます。
 
花菖蒲は妙法寺の諸堂の裏庭に咲き乱れるのを
毎年描いておりました。
 
   
     三上 忠彦  (S37 経)
 
 <写真 >    
ベニバナイチヤクソウを訪ねて
   
     
新緑の美しい6月、ハイキング散策の会で長野県・川上村にベニバナイチヤクソウの
群生地を訪ね、周辺のレンゲツツジもともに愛でながら散策を楽しみました。
ベニバナイチヤクソウ群生地は、周縁がわからないほど林の奥深くまで広がっており。
折しも盛りのレンゲツツジは、新緑の白樺林に彩りを添えていました。
     
  ベニバナイチヤクソウ
レンゲツツジ
ベニバナイチヤクソウの群落
   
   
久保田 宏  ( S46 工) 

 
 
                 <絵画>        令和 4年8月
モンサンミッシェル 
旅の思い出
水彩 F4
川平湾 
8月の石垣島
水彩 F4
イギリス館 
薔薇が満開の時に
もう一度訪れたい

水彩 F4
   
     松野幸子 (S 42 文)
 
 <写真 >    
神代植物公園    
     
6月12日神代植物公園(府中市)の水生植物園、バラ園、大温室を散策して参りました。
   
バラ園
ダブル・デライト
(1977年米国産の薔薇)
 水生植物園
田圃の花菖蒲
大温室
モンキー・オーキッド
(南米産の蘭)
   
   
足立 英一  ( S40 商 ) 

 
   
                 <絵画>        令和 4年7月
ビニールひも
墨、和紙 34.5x46.5cm
銀色のバルーン
墨、和紙 34.5x46.5cm
コカ・コーラ
墨、洋紙 55x39cm
東京藝術大学の公開講座「墨による現代表現」(2019年8月)の課題作品。
中央の作品は受講生約50名のなかで1位との講評をいただき嬉しかったです。
   
     
     小室 真知子 (S 53 文)
 
 <写真 >    
座間味島    
     
座間味島は那覇市西方 40 キロにある慶良間諸島の主島です。
   
座間味集落  女瀬の崎展望台 阿真ビーチ前     
港から白砂の無人島が見える島のメイン集落   島の最西端展望台で
日没撮影の名所  
島はウミガメからマンタまで
見られるダイバーの聖地 
   
   
吉田 素紀  ( S48 工 ) 

 
                 <絵画>        令和 4年6月
デナリ(マッキンリー)
  日本画 F10
夏の朝 
日本画 F10
七夕 
水彩画 P8
   
     豊田 紀代子 ( S40 法 )
 
 <写真 >    
秋川丘陵・渓谷の春    
     
春本番の四月、山桜を求めて秋川丘陵を訪れ、
五月には秋川渓谷の上流・深沢渓の石楠花を観賞しました。
今年の春は短い気がしますが、温暖化のためでしょうか。
   
    石楠花(深沢渓)  山桜(秋川丘陵) 石楠花(深沢渓)     
   
久保田 宏  ( S46 工) 

 
 
                 <絵画>        令和 4年5月
黄色のドレスの女性
水彩 F4
奇麗な葉っぱとレモン 
  水彩 F4
彫刻と瓶
 水彩 F4

   
     井上 眞由美 (S49 経)
 
 <写真 >    
身延山 久遠寺の春    
     
久遠寺境内の枝垂れ桜 大伽藍と一体となった
樹齢400年の枝垂れ桜
うら若き桜     
3月27日に初めて身延山久遠寺を訪れた。 287段の菩提梯の石段を登った所に伽藍が広がり、
荘厳な佇まいに感心し、樹齢400年以上の大枝垂れ桜を愛でる事が出来た。
その後、関東一のロープウェイで山頂の奥の院も参拝して春の一日を楽しむ事が出来ました。 

         
   
   
武藤 隆二郎  ( S42 工)

 
     
                 <絵画>        令和 4年4月
帆船日本丸
水彩 F4
ピサの斜塔(大聖堂の鐘楼) 
  水彩 F4
日比谷公園
 水彩 F4
横浜ベイブリッジで、昔の日本  の海運を想像しての作品    年に数回 展帆があるようです。  旅の想い出。斜塔見学の折に
手摺がなく無くビックリ。
  傾斜角度は 当時(1989年)は6度。現在は4度に安全改修。

 
若き社会人の折の弁当広場を  想い出しながらの作品。      様変わりで、時の流れを感じ
ました。
 
   
     
     和才 恭三 (S34 法)
 
 <写真 >    
アポイ岳に咲く花    
     
サマニユキワリ アポイアズマギク アポイタチツボスミレ     
北海道の花の盛り5月末に日高本線の終着駅(様似)から
登ったアポイ岳(810m)に咲く花々です。
残念ながらヒダカソウには出会えませんでしたが、
それでも可憐で素敵な姿はいつまでも心に残ります。 
   
   
瀬川 隆二  ( S47 法 ) 

 
                 <絵画>        令和 4年 3月
井の頭公園三景    
     
桜・ボート
  水彩 F4
弁財天・噴水 
  水彩 F3
メタセコイア・紅葉
 水彩 F4
     
      橋 紘 一 (S43 法)
 
 <写真 >    
富士山三景    
     
0
冬 (師走 )    
     
吹野 元信 ( S41 経 )

 
                 <絵画>        令和 4年2月
三渓園    
     
春の三渓園 
 水彩色鉛筆 F4
秋の三渓園
 水彩 F6
秋の三渓園2 
水墨画 F5
     
     本間 博 (S37 文)
 
 <写真 >    
一足早い春の訪れ!      
新春に香り高い黄色い花を咲かせる蝋梅(ロウバイ)を求めて、
    約3,000本も群生する長瀞町”宝登山(ホドサン)”蝋梅園”へ 
   
     
「和(ワ)蝋梅」
 (基本品種)
 
「素心(ソシン)蝋梅」
(定番品種)
 
「満月(マンゲツ)蝋梅」
(園芸品種) 
 
   
     
足立 英一  ( S40 商 )

 
                 <絵画>        令和 4年1月
   
白をバックにした静物 
 油絵F6
イタリア,ブラノで
 油絵F8
思い出のNYマンハッタン 
 油絵F8
     
     
     野沢 聡子(S42 文)
 
 <写真 >    
晩秋の西湖根場      
     
     
柿 3 題     
     
吉田 素紀  ( S48 工 )

 
 
                 <絵画>        令和 3年12月
   
犬山城 
 水彩F2
名古屋城
 水彩F2
小牧城 
 水彩F2
     
「尾張名古屋は城で持つ」と言われるように、名古屋近辺には名城が
ありますが、5,6年前訪ねた折にスケッチしたものです。

   
     
     渡辺 清 (S37 経)
 
 <写真 >    
武蔵野の草花と富士      
     
 武蔵野を散策していると、めずらしい草花や見事な富士に出会うことがある。
今回はそんな出会いの時の写真を紹介します。
   
 キンラン(浅間山) 国分寺崖線からの富士山
ムサシノキスゲ(浅間山) 
   
キンラン:ラン科の多年草で、野生ランの一種です。
環境省のレッドデータブック
では絶滅危惧U類(UV)
にランクされています。 

国分寺崖線:古代多摩川が
南へと流れを変えていく
過程で武蔵野台地を削り
取ってできた河岸段丘の
連なり。
国分寺から田園調布まで
連なる崖で長さ30qにも及ぶ。

 
ムサシノキスゲ:標高約80m
の浅間山にのみ
自生するワスレグサ科
の植物。
東京都の絶滅危惧種に
選定されている。 
   
     
久保田 宏 ( S46 工 ) 

 
 
                 <絵画>        令和 3年11月
   
ヴェネチア 
 油彩10P
カサブランカ
 油彩15P
集中 
 油彩10F
慶応同クラスOB夫婦10組で
イタリア旅行した時の
思い出です。
うっとおしいコロナ禍
夏休み中、明るく癒して
くれました。 
モデルは孫娘です。    
   
     曽我一紀 (S38法)
 
 <写真 >    
八方尾根の高山植物の花々      
     
 シモツケソウ(下野草) ハクサンチドリ(白山千鳥)
キヌガサソウ(衣笠草) 
   
   
今年の7月に栂池高原と八方尾根高原のハイキングに出かけた。
山道の側にも多くの可憐な高山植物の花々咲いており、美味しい高原の空気と
共にとても心洗われる気持ちになり、山ボーイ、山ガールの気持ちを少し
理解出来る気がした。
   
     
武藤 隆二郎  ( S42 工) 

 
                 <絵画>        令和 3年10月
船シリーズ     
氷川丸  
 水彩F4
       日本丸         
水彩F3
U.S.Navy McCampbell 
 水彩F4 

   
     三宅 正彦  (S52 経)
 
 <写真 >    
     
     
 下田のオープン洞穴
イルカと遊ぶ
かもめ 
   
   
今回は海へ出て、カモメと戯れ、イルカと遊ぶ有り触れた景色。
海に通じた洞穴をみてコロナを忘れて、といってもコロナ騒ぎ前
ですが、ゆったりとした気分を味わいましょう。 
   
     
前田 昌信  ( S35 工 ) 

 
 
                 <絵画>        令和 3年9月
     
どんど焼き(大宮八幡)
日本画 F12
雪のノイッシュブァン
シュタイン城 
日本画 P8
牡 丹 
日本画 F4 

   
     三上 忠彦  (S37 経)
 
 <写真 >    
     
涼風を求めて御嶽山へ!    
     
 <レンゲショウマ>
 咲き誇る日本一の群生地
<イワタバコ>
 滝壺の岩場にヒッソリと咲く
<ヤマユリ>
 豪華・華麗なユリの王様
   
     
足立 英一  ( S40 商 ) 

 
                 <絵画>        令和 3年8月
     
目黒庭園美術館  
木漏れ日の中の優雅な鯉
水彩 F4
アップル
水彩 F4
国会議事堂南庭
静寂のせせらぎ

水彩 F4
     
     松野 幸子  (S42 文)
 
 <写真 >    
     
   
 抱返り渓谷(仙北市) 荒川渓谷(屋久島)  元滝川渓谷(にかほ市)
   
     
吉田 素紀  ( S48 工 ) 

 
                 <絵画>        令和 3年7月
 
   
静   物     
     
楽   器 
水彩 F6

 水彩 F6
野   菜  
水彩 F6
   
     三宅 正彦  (S52 経)
 
 <写真 >    
     
 忘れられない山の花
   
   
 トムラウシのチングルマ 水晶岳のハクサンイチゲ  栗駒山の花空木
   
                       
趣味の山登りでふと出会った山の花です。
それぞれの山も忘れられませんが、そこで咲いている花も
忘れられない思い出です。
   
     
瀬川 隆二  ( S47 法 ) 

 
   
                 <絵画>       令和 3年6月
 
   
不思議で綺麗な生物シリーズ     
     
透明な羽の蝶「グレタオト」
水彩色鉛筆 F2
アオミノウミウシ「ブルードラゴン」 アクリル絵の具 B5 色々なイソギンチャク達 
水彩絵の具  F2
   
     勝呂 光子 ( H17 共薬 )
 
 <写真 >    
     
 春は野から山へ
   
   
 満開のサツキ
(国分寺・新府中街道)
もえぎ色の山々
(日の出町・平井丘陵) 
夕映えのツツジ
(青梅・塩船観音寺 )
   
                       
春は身近なところにもやってきました。
コロナ禍に関わりなく、散歩道にも、山々のハイキング道にも、観光地にも・・・
皆で変わらぬ季節の訪れを楽しみました。

   
     
久保田 宏  ( S46 工) 




−戻る−   ページTOPへ

suginami-mitakai.com