杉並三田会ホームページ
趣味のコーナー

                                                                
  会員趣味のコーナー   
 作品をクリックすると拡大されます
 
                        <絵画>           平成30年 8月
 
上野公園内
「スターバックスコーヒー店」
   (水彩  F6 ) 
  三鷹市国立天文台の中の
「第1赤道儀室」
 (水彩  F6 )
中央区 佃 
「佃公園」
  (水彩  F6 )
「スケッチの会の例会」で描いたものです。     
     平野 精士 (S31 法) 
 
<写真 >   
標高3055mのハレアカラ山頂で
迎えた壮大な日の出

 
冬季のマウイ島では
鯨の繁殖期なのでホエール・ウオッチングが人気です。
一本の木が100m四方に広がる
バニアンツリーの中でも
アメリカ最大のものです。 
ハワイ諸島の中で二番目に大きな島マウイ島を訪れ楽しんできました。     
尾本 愛子(S40 工)  
 

 
                        <絵画>           平成30年 7月
 
カサブランカ
   (日本画 F 6 ) 
  千畳敷カール
 (日本画 F4)
初  夏 
 (水彩画 F 10)
     豊田 紀代子 (S40 法) 
 
<写真 >   
 
川場村「花寺・吉祥寺」 
川場村は関越高速沼田ICから車で20分にあります。
川場村には直売野菜で有名な道の駅「田園プラザ」と群馬の銘酒「水芭蕉」の醸造元永井酒造、
そして季節の花がむかえてくれる「吉祥寺」があります。
日帰り観光におすすめなドライブコースです。

 
吉田 素紀 (S48 工)  
 

 
 
                        <絵画>           平成30年 6月
 
佐 原 三 景 
橋の下の樋から
水が落ちる樋橋
  (ペン彩画 F2)
  香取街道沿いの旧市街
 (ペン彩画 F2)
小野川の忠敬橋付近 
 (ペン彩画 F2)
     渡辺 清 (S37 経) 
 
<写真 >   
  2階席の軍人さん達、今日は伝統の軍人協会の招待日 2017-18 ウィーンフィル
 ニューイヤーコンサート 
リッカルド・ムーテイ指揮
カフェーモーツアルトと
クリスマスツリー 
 
    モーツアルトの肖像つきチョコレート
飾のクリスマスツリー。
正月過ぎまで飾られている。 
前田 昌信 (S35 工)  
 
<刺 繍 >    
                          
   
日本刺繍を楽しんでいます。
日本刺繍の特徴は絹糸の美しい光沢です。
絹糸に撚りをかけたり、ほかの色と組み合わせることで、微妙な色合いを出すことができます。   
中村 眞佐子(S43 共薬)
  

 
 
                        <絵画>           平成30年 5月
 
フランスアルビの風景
  (水彩画 F4)
  清里 萌木の里
 (水彩画 F4)
野川早春 
 (水彩画 F4)
     大森 正幹 (S36 経) 
 
<写真 >   
  曽我丘陵散策道の白梅 山野に咲き誇る白梅・紅梅   「夢」と名付けられた枝垂梅  
   
国府津駅下車し 曽我丘陵ハイキングコースではミカン畑の中を 相模湾、足柄平野を眺めながら尾根道を散策するも生憎の春霞、霊峰富士姿現さず。満開の枝垂れ紅梅・白梅は見応えがありました。 
  2月の「ハイキング散策の会」で撮影。 
足立 英一 (S40 商)  
 

 
                        <絵画>           平成30年 4月
 
佃島路地
  (水彩画 F4)
  薔   薇
 (水彩画 F4)
夏の蓼科 
 (水彩画 F6)
     和才 恭三 (S34 法) 
 
<写真 >   
  瑞々しい蝋梅 スーパーブルー   
       ブラッドムーン   
 ガレ場の妖精
 
武藤 隆二郎 (S42 工) 
     

 
   
                        <絵画>           平成30年 3月
ススキと富士
  (日本画 M10)
  廃城の秋
 (日本画 F6)
浴衣のA嬢 
 (色鉛筆 F4)
   三上 忠彦 (S37 経) 
<写真 >   
覗いてみると 
  チェコ
チェスキークルムロフ城

トルコ
カッパドキア 
ヨルダン
ペトラ遺跡

 
私は多くの皆様と同様に旅が好きです。
名もない小径から覗き見た世界遺産、乗船した気球からこわごわ覗き見た地上…。
そんな予想外の絶佳なる光景との出会いを求めて、また旅に出ることにしよう。
坂本 淳子 (S53 文) 
 

 
                        <絵画>           平成30年 2月
東京国立博物館 
表慶館
  (水彩 F3)
  本館正面
 (水彩 F4)
本館裏庭 
 (パステル F3)
   橋 紘一 (S43 法) 
<写真 >   
新春の富士山麓風景 
  陽光の下、河口湖からの
富士山
正月2日の
富士急ハイランド風景 
日没時、本栖湖からの富士山
(麓が赤く染まっている)

 
新春恒例のバスツアーに出かけました。河口湖から本栖湖まで、一日富士と一緒でした。
途中、富士浅間神社に詣で、富士急ハイランドを散策し、最後は朝霧高原で今年最大の
スーパームーンを見て帰路につきました。
井上 清彦 (S41 経)    
 
 
                        <絵画>           平成30年 1月
     
三田キャンパス
( 水彩F6 )
  大田黒公園 
 ( 水彩F6 )
殿ヶ谷戸庭園 
( 水彩F6
 
   本間 博 (S37 文) 
<写真 >   
三面川(みおもてかわ)の居繰網(いぐりあみ)漁
居繰網漁とは、新潟県村上市の三面川だけに残る江戸時代から伝わる鮭の伝統漁法です。
川舟3艘のうち2艘が網を繰りながら川下に八の字で下り、もう1艘が2艘の間に鮭を追い立てて網にかかると双方の漁師が網を手繰り上げる漁で、村上の10月末から初冬にかけての風物詩になっています。
瀬川 隆二  (S47 法)  
 

 
                        <絵画>           平成29年 12月
     
ノクターン
( 油彩F15 )
 晩秋の代々木橋
( 油彩P10 )
観泉寺前
( 油彩P10 )
   曽我 一紀(S38 法) 
 
<写真 >   
                    武蔵野の秋 
武蔵野大地を流れる野川。その源流が国分寺・日立中央研究所である。
小春日和に恵まれた秋の特別公開の日、紅葉、黄葉の真っ盛りの庭園の散策を楽しんだ 。
 
久保田 宏  (S46 工)  
 
 




−戻る−   ページTOPへ

suginami-mitakai.com