杉並三田会ホームページ
杉並の風
 
 川は流れる
原田 威夫(S28 経)  
 我が国は海に囲まれているから、川が県境になることはあっても 国境になることはない。ヨーロッパを旅する機会に、一つの大河が源流から海に注ぐまで いくつもの国を流れ 名前を変えるものもあることに気づきます。ドナウ川・ライン川はいくつもの国を流れるが、名は 変わりません。

 私の愛する川の一つは「モルダウ川」です。この川の名を知った切っ掛けは スメタナの管弦楽曲 交響詩「我が祖国」を聞いていた事です。いつの日かプラハの「モルダウ」「高い城」から源流へ「ボヘミヤの森」へ行ってみたい。
 1994年6月の夏 ようやく長い旅に出れるようになって、見知らぬ国チェコを訪れる事にしました。
 2005年秋には オーストリアの古都リンツから列車で東に流れ黒海に注ぐドナウ川を渡り やがて西に流れて北海に注ぐモルダウ川を渡って「ボヘミアの森」の源流の小さな街チェスキークルムロフを訪ねました。その後 下流のプラハに行き  第1交響詩の「高い城」(ヴィシュフラッド)の旧プラハ城にも登り 岸壁から「モルダウ」を俯瞰しました。             余談ですが プラハを離れる前夜、国立マリオネット劇場で人形劇モーツアルトの「ドン・ジョヴァンニ」を鑑賞しました。                    
  高い城ヴィシュフラッドの
町の朝
驚いたことに 指揮者はモーツアルトだったのです。最前列で幕開きを待ちました。やがて幕が開き モーツアルトが指揮台に立ちます。楽員が恭しく楽譜を台上に置く。いきなりモーツアルトは楽譜を握り潰して振り散らす。 「俺はモーツアルトだぞ!」大爆笑でオペラが始まりました。モーツアルトは31歳の時 プラハの音楽家に誘われ、その別荘ベルトラムカで「ドン・ジョバンニ」を作曲したのです。   
 2007年8月 私たちはヴェネチアの学校の夏季講座でトリエステに 滞在しました。一か月の受講の後 須賀敦子の「トリエステの坂道」の 世界を散策し、帰路は東ドイツを探訪しました。
 
 ライプチッヒからドレスデンに入り エルベ川河畔のホテルに泊まりました。対岸に立つ聖母教会は1945年の連合軍の空襲によって崩壊しましたが、その瓦礫を拾い集めて11年かけて再建し、2005年に 蘇りましたました。             
  実は 前半で述べたモルダウは 下流で エルベ川となってドイツの渓谷を流れ、ドレスデンでは川幅も広くなり、ハンブルグで北海に注ぐのです。ショスタコーヴィッチ作曲の「エルベ川」は 我々の世代はうたごえ喫茶でよく歌った唄ですね。
                                       
 
聖母教会から上流の
エルベ川を望む
第一次世界大戦の終結でロシア軍と連合軍の米軍がエルベ川河畔の街トルガウで出会い、両軍の兵士達は「青年は2度と戦場で相見えない」と誓い合ったというロシア映画で、ショスタコーヴィッチが作曲した歌です。

 一つの川が 中流ではスメタナが交響詩「モルダウ」を作曲し、下流では ショスタコーヴィッチが名曲「エルベ川」を作曲して 世界中で歌われる。  こんな豊な川は少ないでしよう。      (了) 
          

杉並の風バックナンバー
  2023.05  今どきの年寄りは  匿    名
 2023.04  音楽交際について  石川 正直 (S46 法)
  2023.03  コロンバンガラ島・1万2千名の救出作戦
――殉死した兵士への供養塔・杉並区堀之内西方寺――
 宮間 宣幸 (S39 法)
  2023.02  私とワイン  景平悳雄 (S37 工)
  2023.01  新年のご挨拶  桑島 文彦 (S44 工)
 2022.12   悠久の時を刻む古時計
 長谷川 忍 (S44 経)
 2022.11   ひょうたん池と飛行機広場  此島 育子(S50 文)
  2022.10   ハワイ音楽の遍歴  山田 義範 (S33 経)
 2022.09  なまくらなヨーガ瞑想法  鈴木 正幸(H25 文)
 2022.08   九州屋久島へ!  久保田 宏(S46 工)
 2022.07  お伊勢参り  山田 多知見 (S59 文)
 2022.06  ドングリ  南波 悦子 (S50 法)
 2022.05  私と「ふるさと」の縁  船田 昌喜 (S51 経)
 2022.04 私説 南河内風土記  近江岸 敏明 (S49 商)
  2022.03  浅田次郎にハマった私  小池 一朗 (S52 法)
  2022.02  舞伎と私  渡部 隆 (S44 法)
 2022.01  新しい年 デジタル化推進の年を迎えて  秋葉 忠臣(42工)
  2021.12  
 原 民子(S45 文)
  2021.11  様々な風  岩竹 徹 (S49 工)
 2021.10  我が家のわんこ 和田 洋子 (S46 文) 
  2021.09  杉並三田会の更なる飛躍を願って  中村 雅美  (S38 工)
 2021.08  お魚の食べ方  松木 祥直(S40 経)
 2021.07  愛犬ジローとの18年9か月
 山崎 承一(S45 商)
2021.06   驚異的な嗅覚  勝呂 冠宇(H13 環境)
 2021.05    町会長は楽しい  下河内 隆士(S46 経)
  2021.04   『己書』と私  岩田 裕(S54法)
  2021.03   生誕地探訪  長島 昭 (S36 工)
 2021.02  フランス語の奇縁
 杉山 徹宗 (S40法)
  2021.01  新しい年を迎えて  秋葉 忠臣 (42工)
   2020.12   筋肉は裏切りません  前野 陽太郎  (S54 経)
  2020.11  “Keio Welcome Net (KWN)” の温もりを届けよう!  吉川 清(S32法)
 2020.10  スケッチの会5年生  三宅 正彦 (S52 経)
 2020.09 僕のたからもの  渡部 晃男 (S44商)
 2020.08  鉄道研究会卒  宮崎 泰児 (S47経)
 2020.07  コロナと二宮金次郎  林 明 (S43 商)
 2020.06   真向法体操  武居 弘泰(S37 法)
 2020.05  年寄の冷や水  曽我 一紀(S38 法)
 2020.04  インドに行ってきました 秋田 敬子 (H01 法) 
 2020.03  味と思い出  横田 順子 (S36 商)
 2020.02  「我が家の厩舎から 」  高山 恒男 (S43 法)
  2020.01  「未来の可能性を秘めた新年を迎えて」  服部 泰(41法)
 2019.12  ウィーンの夏  渡部 徹 (S47経)
 2019.11  手相を知ること  小林 ますみ (S57法)
2019.10  米国ドライブ旅行 鈴木 正隆 (S51工)
 2019.09  恩師からいただいた一冊の本 「海軍主計大尉 小泉信吉 小泉信三著  金井 宏之 (H51法)
 2019.08  「フィドル」と「ヴァイオリン」-同じ楽器?違う楽器?  西  守 (S45 経)
 2019.07  傾聴の精神  栗山 稔朗 (S40 経)
 2019.06  生き甲斐になったダイビング  山内 俊一(S41工)
  2019.05  人生100年のロードマップは描けたか  木村 雄二 (S45工)
  2019.04  銘仙に魅せられて  古後 利佳 (S56文)
 2019.03  テニス仲間とハワイへの旅  塙 耕平 (S44商)
 2019.02  船と私、日常とは異なる空間  加藤英一郎(S44 工)
 2019.01  良く学び、よく遊ぼう  服部 泰 (41法)
 2018.12  都会のオアシス  水本 陽子(H20法)
  2018.11  北海道 万歳!  岩田 雅之(S44商)
  2018.10 カントリーミュージックに親しんで60余年  松本 毅 (S41商)
 2018.09   九死に一生  市村 美知子(48工)
 2018.08  副代表を退任して  小田 伊津子(42文)
 2018.07  近田舎(ちかいなか)・秩父
 遠藤 富士夫(S48 法)
 2018.06  肥満は「現代の伝染病」
 古郡 鞆子(S40商)
 2018.05 「門前の小僧」お歌の手習い
 吉田 眞一郎(42法)
 2018.04  ナローボート運河の旅  野崎麻美子(S49文)
 2018.03  “60の手習い「ドラムス」”―ある本との出会い  中村 民平 (S44工)
 2018.02   私のチェロ人生  朝川慎一  (S40商)
  2018.01  新たな 第一歩を  服部 泰 (S41法)
  2017.12  御朱印との出会い  中村 隆 (S49工)
  2017.11  杉並三田会「スケッチの会」第12回グループ展   本間 博 (S37文)
 2017.10 米国ワシントン州との関わり   大久保 浩司 (S45 経)
 2017.09 クラシック音楽活動と日本の未来  大久保けい子(H6文)
  2017.08  ライデンとジン  竹下妙子(S40 商)
 2017.07  北米旅行-西部劇と思い出-  森下 尚 (S44工)
 2017.06  コップ半分の水  野沢聡子(S42文)
 2017.05  モンブラン登頂の思い出  岩崎 静江(S32 共薬)
  2017.04  私の歌の歩み 小島 常弘 (S41 商)
 2017.03  音楽サークル Musikverein 創立15周年の節目を迎えて  高橋 克(S49 工)
  2017.02  The sooner, the better  最上 徹 (S38 経)
 2017.01  創立25周年を迎えて  服部 泰(S41 法)
  2016.12   音楽は人生のパートナー
 伊部 雄介(S41 経)
  2016.11  スケッチの会第11回グループ展  本間 博 (S37 文)
 2016.10   身近な自然に癒されて  野角みどり (S46文)
  2016.09  夏のヨーロッパオペラ三昧  今井輝美(S48法)
  2016.08  善福寺川緑地の風景  上東野 治男(S45 法)
 2016.07  下の句を忘れないで 賀川 彰 (S45経)
 2016.06  余暇の楽しみ  中村 晴美 (S48共薬)
 2016.05  百名山と温泉の思い出  瀨川 隆二 (S47法)
  2016.04  私の杉並の風   中村  知好 (S45法)
  2016.03 花見とハイキング   田熊 利彰 (S44法)
 2016.02 ”水素は凄いぞ !!!   松浦正好 (S43経)
 2016.01  ”新しい年”をむかえて  深堀博義 (S40商)
 杉並の風アーカイブズ
    2006年1月~2010年12月
    2011年1月~2015年12月
    2016年1月~2017年12月


-戻る-   ページTOPへ

suginami-mitakai.com