杉並三田会ホームページ
杉並の風
 
 お魚の食べ方
 
松木 祥直(S40 経)
 
私の趣味はテニスと魚釣りです。
  特に魚釣りは新鮮な魚を食べるのが楽しみで釣行の度に釣れるかなと心配しながら出掛けて行きます。釣り物は季節により魚種は変わりますが何かしら獲物を持ち帰ってきます。
 先日は1年ぶりにイサキ釣りに行きイサキ50匹、シマアジを8匹釣りにこにこ顔で帰ってきました。
 釣れた魚は食べる工夫をして出来るだけ捨てる部分を少なくするのが私の方針です。魚は刺身をとると残りの頭、中骨、ハラワタと全体の半分は廃棄しているのが普通の食べ方です。これではお魚が可哀そうなので食べられる部位は極力食べる工夫をしています。
 先日のイサキは刺身を取った残りの頭、中骨は一度素焼きをしてみそ汁のだしを取りました。素焼きをせずに直接だし取りをすると魚臭い汁となります。
 刺身は釣れたときは多めに作り余った分はカルパッチョ、または酢漬けとしますと、1週間は冷蔵庫で保存できなにより最高の酒の肴になります。
刺身を取った時に出る皮は湯引きとして食べると皮の裏側は脂が乗り魚らしい味がしますので何よりです。刺身を作る際、腹骨がありそぎ落としますが、この部位は魚の部位として脂が乗り一番おいしい部位なので塩焼きにして食べます。干物風味の焼き物に仕上がります。
 梅雨時のイサキは産卵期となり卵または白子を持っており1匹としての量はそれほど多くありませんがすべてを集めると丼ぶり1杯分は取れます。煮物にすると身を煮たのと違いねっとりとした味はフォアグラ似た味がして酒の肴にもってこいの1品になります。保存がきき冷蔵庫で1週間は保存できます。
 釣れた魚が多いい時は干物を作り冷凍保存することができ1か月は十分保存がききます。
 問題はハラワタです。基本的にはハラワタはフグ等、毒の有る魚以外は煮物として美味しく食べられます。胆嚢、等青玉と称する部位は苦く潰さ等ないように取り除きます。つぶれて身に付きますと身が苦くなり食べられなくなり注意が必要です。鯛ですと肝、胃袋、腸、心臓は湯引き後細かく刻み塩辛にしますと上等な塩辛になります。
 魚の内臓はコンポストに入れ肥料にし、家庭菜園の肥料にするのが最上なのですが今のところ捨てています。
 出来るだけ捨てる部位を減らし魚に対し感謝と供養を念じつつ魚を頂いている釣りです。
                       
 

  
杉並の風バックナンバー
 2021.07  愛犬ジローとの18年9か月
 山崎 承一(S45 商)
2021.06   驚異的な嗅覚  勝呂 冠宇(H13 環境)
 2021.05    町会長は楽しい  下河内 隆士(S46 経)
  2021.04   『己書』と私  岩田 裕(S54法)
  2021.03   生誕地探訪  長島 昭 (S36 工)
 2021.02  フランス語の奇縁
 杉山 徹宗 (S40法)
  2021.01  新しい年を迎えて  秋葉 忠臣 (42工)
   2020.12   筋肉は裏切りません  前野 陽太郎  (S54 経)
  2020.11  “Keio Welcome Net (KWN)” の温もりを届けよう!  吉川 清(S32法)
 2020.10  スケッチの会5年生  三宅 正彦 (S52 経)
 2020.09 僕のたからもの  渡部 晃男 (S44商)
 2020.08  鉄道研究会卒  宮崎 泰児 (S47経)
 2020.07  コロナと二宮金次郎  林 明 (S43 商)
 2020.06   真向法体操  武居 弘泰(S37 法)
 2020.05  年寄の冷や水  曽我 一紀(S38 法)
 2020.04  インドに行ってきました 秋田 敬子 (H01 法) 
 2020.03  味と思い出  横田 順子 (S36 商)
 2020.02  「我が家の厩舎から 」  高山 恒男 (S43 法)
  2020.01  「未来の可能性を秘めた新年を迎えて」  服部 泰(41法)
 2019.12  ウィーンの夏  渡部 徹 (S47経)
 2019.11  手相を知ること  小林 ますみ (S57法)
2019.10  米国ドライブ旅行 鈴木 正隆 (S51工)
 2019.09  恩師からいただいた一冊の本 「海軍主計大尉 小泉信吉 小泉信三著  金井 宏之 (H51法)
 2019.08  「フィドル」と「ヴァイオリン」-同じ楽器?違う楽器?  西  守 (S45 経)
 2019.07  傾聴の精神  栗山 稔朗 (S40 経)
 2019.06  生き甲斐になったダイビング  山内 俊一(S41工)
  2019.05  人生100年のロードマップは描けたか  木村 雄二 (S45工)
  2019.04  銘仙に魅せられて  古後 利佳 (S56文)
 2019.03  テニス仲間とハワイへの旅  塙 耕平 (S44商)
 2019.02  船と私、日常とは異なる空間  加藤英一郎(S44 工)
 2019.01  良く学び、よく遊ぼう  服部 泰 (41法)
 2018.12  都会のオアシス  水本 陽子(H20法)
  2018.11  北海道 万歳!  岩田 雅之(S44商)
  2018.10 カントリーミュージックに親しんで60余年  松本 毅 (S41商)
 2018.09   九死に一生  市村 美知子(48工)
 2018.08  副代表を退任して  小田 伊津子(42文)
 2018.07  近田舎(ちかいなか)・秩父
 遠藤 富士夫(S48 法)
 2018.06  肥満は「現代の伝染病」
 古郡 鞆子(S40商)
 2018.05 「門前の小僧」お歌の手習い
 吉田 眞一郎(42法)
 2018.04  ナローボート運河の旅  野崎麻美子(S49文)
 2018.03  “60の手習い「ドラムス」”―ある本との出会い  中村 民平 (S44工)
 2018.02   私のチェロ人生  朝川慎一  (S40商)
  2018.01  新たな 第一歩を  服部 泰 (S41法)
  2017.12  御朱印との出会い  中村 隆 (S49工)
  2017.11  杉並三田会「スケッチの会」第12回グループ展   本間 博 (S37文)
 2017.10 米国ワシントン州との関わり   大久保 浩司 (S45 経)
 2017.09 クラシック音楽活動と日本の未来  大久保けい子(H6文)
  2017.08  ライデンとジン  竹下妙子(S40 商)
 2017.07  北米旅行-西部劇と思い出-  森下 尚 (S44工)
 2017.06  コップ半分の水  野沢聡子(S42文)
 2017.05  モンブラン登頂の思い出  岩崎 静江(S32 共薬)
  2017.04  私の歌の歩み 小島 常弘 (S41 商)
 2017.03  音楽サークル Musikverein 創立15周年の節目を迎えて  高橋 克(S49 工)
  2017.02  The sooner, the better  最上 徹 (S38 経)
 2017.01  創立25周年を迎えて  服部 泰(S41 法)
  2016.12   音楽は人生のパートナー
 伊部 雄介(S41 経)
  2016.11  スケッチの会第11回グループ展  本間 博 (S37 文)
 2016.10   身近な自然に癒されて  野角みどり (S46文)
  2016.09  夏のヨーロッパオペラ三昧  今井輝美(S48法)
  2016.08  善福寺川緑地の風景  上東野 治男(S45 法)
 2016.07  下の句を忘れないで 賀川 彰 (S45経)
 2016.06  余暇の楽しみ  中村 晴美 (S48共薬)
 2016.05  百名山と温泉の思い出  瀨川 隆二 (S47法)
  2016.04  私の杉並の風   中村  知好 (S45法)
  2016.03 花見とハイキング   田熊 利彰 (S44法)
 2016.02 ”水素は凄いぞ !!!   松浦正好 (S43経)
 2016.01  ”新しい年”をむかえて  深堀博義 (S40商)
 杉並の風アーカイブズ
    2006年1月~2010年12月
    2011年1月~2015年12月
    2016年1月~2017年12月


-戻る-   ページTOPへ

suginami-mitakai.com